2016年01月22日

2015年第4節(10月開始または12月終了)のアニメについての所感

見たアニメの感想を思い出しつつ、書いておきます。
今回から1クールごとに第1節から第4節みたいな数え方にしよう、と思い立ちましたが。
今年は感想書かないと思います。
1年間やってみたし、もうゴールでいいよね……w
でもなー、日記に書くようなも話題も無いし、気に入ったアニメは書くかもしれません。
ヤケになって感想薄いのもあるけど、ご容赦ください。。。

A、放送時間が短めのアニメ
・影鰐―KAGEWANI―
初回は、なんか地味なアニメだ……と思っていたものの。気づけば、ぐいぐい内容に引き込まれてたような気がする。登場キャラの荒い呼吸音「ハァ ハァ ハァ ハァ」の続くシーンが多く、『彼岸島』思い出して笑ってしまったw 彼岸島の「ハァ ハァ」の書き文字はきちんと緊迫感を表現してたのだな、一人で納得してしまった面もある。
が、ラストのオチはいまいちだったと思う。

・ハッカドール THE あにめ〜しょん
第2話のアイドルする話と、第11話の声優警察の話が面白かった。
4号のしゃべりが、『プリパラ』のあじみ先生思い出して(笑いそうになって)つらかったw
俺をとめられるのは火曜の定期メンテだけだ!!(ジャキン! ジャキン!)

・温泉幼精ハコネちゃん
主題歌がよかった。
ハコネちゃんは、たまに頭身が上がったりもする場面もあったが、チビ状態の方が良いなー。
毎回、温泉回だった。しかし卓球回はなかったような気がする。

・モンスターストライク
春ぐらいに第15話以降を配信するらしい。
葵ちゃんの恥ずかしすぎる動画って一体何だったんでしょうかね? 僕もこう明らかにされるのを楽しみに考えていたりします。
背景などに、ゲームに使えるパスワードが仕込まれていたらしい。レン君だけが、視聴者に語り掛けるのが多かった(メタ視点を持ってる)事が好みが分かれる所か。

・ミス・モノクローム―The Animation3―
ライブツアーが達成できてよかったね、というお話だった。
ウルトラスーパーアニメタイムとして、通して見ていたわけではないが。影鰐とハッカドールが好印象だったのに対し、これだけがハズレだった感じ。OPとEDを丁寧に流さなくていいのでは、と思うぐらいには芳しくはなかった。第6話の漁師の真暮郎さんだけやけに印象に残ってるけど、あの人一体なんなん……w

・不思議なソメラちゃん
メヌースーは謎の多い生物であるという事だけはわかった。それとメスパックンという単語だけは覚えたぞ。
あとは放送前特番にて、万華鏡作りに行ってた事しか覚えてねェ。

・血液型くん!3
1期、2期にもエロ本の話してたけど。3期もエロ本の話を1回はさんでた。

・進撃!巨人中学校
数回出ただけで死んじゃうキャラが、ずっと登場する事とクリスタがかわいかったのがよかった。チーズハンバーグおいしいよねー。
名シーンの使いどころが予想しやすく、ダダ滑りになってしまって見えるばかりだったのが痛い。原作のシリアスな笑いに、ギャグパロディである本作が及ばなかったという感想だ。悲しい。
どうやら、実写パートがあったみたいだ。バンダイチャンネルにはアニメしか無かったので、知らない。

・てーきゅう(第6期)
「お前、それサファリでも同じ事言えるの?!」
……とOPについてボケる事しかできないくらいに、本編あんまり思い出せないw
テニスやってる回はあったのでセーフ!
 
・弱酸性ミリオンアーサー
ベロベロなめ回すシーンがあるので、間違いなくちょぼらうにょぽみ作品。

B、A以外の10月開始(12月終了)のアニメと、その他見たアニメ
・ご注文はうさぎですか??
1期よりチマメ隊の出番が多かったり、千夜ちゃんのイジワル分が減ったような気がする。
次回予告が面白かった。

・おそ松さん
声優さんの人気が凄ェ!……と思うばかりのアニメだった。
低俗なギャグが多いのがよかった。ち○こ出すだけで面白いや。セッ○ス!!

・俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
初回と最終回以外は、2本立てのアニメみたいだった。第4話にて愛佳さまと麗子さまがケンカを始めたのを見て、このアニメ面白いわwwと思うようになった。引用するギャグがちょっと風化してるのでは……と思う節もあったものの「ゲッツ!」で乗り切ったのがすごい。
メードの九条さんと、幼なじみの恵理ってなんだったのという部分は、放送時間が無くなっトワイライトに消えてしまったのだ……

・うたわれるもの 偽りの仮面
12月の時点では、前半が終了。後半はひきつづき放送中。
日常シーンとキャラを揃えただけのお話だったような手ごたえだ。ルルティエのせいで、『こみっくパーティー』みたいだった。

・対魔導学園35試験小隊
タイトルから軍隊なのかなと思っていたが、活動は警察みたいだった。隊員の個別エピソードをクリアして、仲良くなっていく、というギャルゲーみたいだと思っていた。第9話のキャバレーに潜入する話と、海水浴に行く話がやたら面白かった覚えがあるw

・学戦都市アスタリスク
分割2クールらしいので、ひとまず前半は終了。
第5話で綾斗と綺凛が初めてバトルするシーンを見て、『サムライチャンプルー』みたいだ、と思った。刃が激突しないし。
タッグ戦である鳳凰星武祭(フェニクス)の途中で放送が終わってしまったので、まだ話にエンジンかかってないような気がする。

・ハイキュー!!セカンドシーズン
10月開始で、現在も放送中。
夏休みに合宿して、10月の春高予選に差し掛かったよ、というのが前半のお話。かわいいマネージャーがいるのなんて、フィクションの中だけだよきっと。

・すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
トリックと解法を見て「凄ェ!」というよりは、状況や舞台装置の作りこみに唸ってしまった。
島田さんがスク水なのがよかった。島田さんはすっぴんと化粧してる状態の違いが、面白かった。あとは犀川先生の目薬の差し方が面白かった。
……頭のいい感想が書けないからちくしょう!

・ランス・アンド・マスクス
葉太郎とドルゴンは思い込みの力でパワーアップしてるようにしか見えなかった。
実を言うと、アリス(付き人)、シルビア(騎士の頃からの先輩)、冴(クラスメイト)、のり(騎士部作った人)の顔と名前が一致せずに戸惑った事があった。本編で白姫(馬)が急に人間化するとビビる。
結論として、圧倒的に私にはサイエンスが足りてなかったのでは。
予告が『てーきゅう』見てるみたいだったw

・落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)
第3話のショッピングモール行く話あたりで、実はバトル自体に飽きてたところがある。試合形式も1対1だろうし、逆転時のカタルシスを上げるために一輝をこれでもかと逆境に追い込んだ後になんとかしちゃうのだろうと冷めた目で見ていたが。大体その通りだった。
なので、よくできてはいるんだけど話自体は大して面白くなかったなという感想だけが残った。
タイトな状況に追い込まれるのを見るのが、もう耐えられないのかも。

・ヘヴィーオブジェクト
これは原作予習済みですね。ノベル読まなくても済むぐらいには、アニメは面白いと思います。
先の展開を見越して追加してる部分が何か所かあったり。セリフがかなり手を加えられているので、ヘイヴィアのセリフが原作よりも全然くさくなかったり、といった部分が好印象だ。
「おいおい展開が都合よすぎておかしいぞw」といったツッコミに対しては、そういう爽快感を重視した話なんだからしょうがないとしか言えないので、じゃんじゃん笑い飛ばしていくとよいぞ。私もミリンダちゃん目当てで見てる部分は大いにある。
ところで、クウェンサー達が着てる戦闘服の肩の部分に、円盤みたいなプロテクター(?)してるじゃないか。本当に効果があるのか気になってはいるんだ。セクシーコマンドーを彷彿とさせるアレ。単にシルエット重視の飾りなのかしら。

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
10月開始でまだまだ放送中。
『Gのレコンギスタ』よりも話がずっと理解しやすいのがよかった。あとは、容赦なくEDを差し込んでくるところに笑ってしまうw
 昭弘「タカキ! うわぁぁぁぁあああ!」(オールフェーーンズナミダー
……みたいな感じだったじゃないか。面白くないすか?w


・ベイビーステップ(第2シリーズ)
そういえば第1シリーズ、あまりちゃんと見てないですね。
どんな小さな事でも記録しておくといいよ、と思ってしまうアニメだ。

・ログ・ホライズン(第2シリーズ)
10月から再放送開始で、継続中。3月終了の見込み。
アキバに残ったアカツキと、北に遠征に行ったシロエで話が進んでいった。アカツキ側の話があまり面白くなかった。
まっっったく関係ない話だけど、クラスティが率いるギルド「D.D.D」に高山三佐(たかやまみさ)っているじゃないか。彼女見てて『テイルズオブレジェンディア』にクロエっていたねと思ったりした。

・うたわれるもの(TVシリーズ、OVAシリーズ3話)
偽りの仮面見てて気になったので、バンダイチャンネルで見てた。1月になってようやく見終わった。
TVシリーズ、延々と戦闘パートばかりで話がずんずん進んでいったという印象。本作、偽りの仮面ともに原作ゲームどんだけ長いんだよと思ったりした。実際に遊んでみたら、さほど長さを感じさせないのだろうか。
OVAシリーズはさほど面白い話でもなく。ふぅん、という感想だけ。

・アクエリオンロゴス
恋愛至上主義者が世界を救うお話でしたとさ。
林さんが結構な重要人物に見えた。
言葉にして記録しておくといいぞ、とこのアニメでも思った。

・ワールドトリガー
10月から新シリーズ。まだ放送中。
原作では出そうにない水着回があったのがよかった。

・うしおととら
26話で一旦終了。27話以降は、来春だったかな?
とらと紫暮(潮の父)の声で、『うたわれるもの』だ、と思ったりした。歯の多いアニメだった。
2クール目になっても、見るのを後回しにしがちで。見終わったのは1月になってからだった。

・トランスフォーマーアドベンチャー(14話〜26話)
26話で終了。
本作は『トランスフォーマープライム』の続編なので。2クール目最初のオプティマスプライムが修行する回と、終盤でメガトロナスが登場する回で、プライムの内容拾っていたのかもしれません。
バンブルビーと面識がある感じで新メンバーが増えた点については、過去作のおもちゃから設定を拾ってたりしたのかな、とも思った。知らなくても全然問題なかったですね。
ビークル状態から自然な感じ(逐一変形バンクを挟まず)に、ロボットに変形するシーンが何度見ても好いなぁと思ってしまう。ラストでバンブルビーの掛け声が決まったのがよかった。丸太が出てきてテンション上がった。ウィンドブレードの顔の隈取りがキュートだった。

あと見てたのは、「ダイヤのA」と「プリパラ」だろうか。
この2つは感想書くには区切りが良くないので、今回は除外。

配信されてすぐに見てたアニメは、「庶民サンプル」「ヘヴィーオブジェクト」「モンスト」だったと思う。
モンストはすぐ見ないと、見るの忘れそうだったし。
posted by トンヒーロ at 15:09| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

2015年12月に読んだ本と、2015年で読んだ本

新年明けましたね。
明けて1発目ですが、昨年に読んだ本のまとめです。
「ボーダーブレイク スコードロン・マンティコア」は、ゲームのキービジュアルにもなってるユーリ&ガルム、クユラ&アイアンフォートを出しただけの本だった。内容はまぁまぁ。
2015年10月開始のアニメの感想は、1月中に書けたらいいなぁ。

○2015年12月に読んだ本。
2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:828ページ
ナイス数:1ナイス

ヘヴィーオブジェクト 電子数学の財宝 (電撃文庫 か 12-29)ヘヴィーオブジェクト 電子数学の財宝 (電撃文庫 か 12-29)感想
4作目。12月ついでに読んだ。サンタかー。終盤の「ディープオプティカル」見て、シューティングゲームのボスキャラみたいだと思った。
読了日:12月22日 著者:鎌池和馬
彼岸島 48日後…(5) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(5) (ヤンマガKCスペシャル)感想
雅や邪鬼の正体が判明するところまで。雅(?)や立体機動には驚いたなー。
読了日:12月23日 著者:松本光司
歎きの獅子と眠れる花嫁 ボーダーブレイク スコードロン・マンティコア (レベルアップノベルズ)歎きの獅子と眠れる花嫁 ボーダーブレイク スコードロン・マンティコア (レベルアップノベルズ)感想
第1巻みたいな感じだったので、物足りなかった。狙撃で格闘やったりとか、フィオナさまが相変わらず謎のままといった部分が、ツボを押さえてて笑ってしまったw
読了日:12月27日 著者:すずきあきら

読書メーター


○2015で読んだ本。
長いので、画像リンクなしで以下に。
続きを読む
posted by トンヒーロ at 20:27| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする